インプラント

出来を左右するのは医師の腕

インプラントをするなら、名医のもとで行うことが欠かせません。どこの医院でも手術方法は同じかもしれませんが、出来は医師の腕によって大きく左右されます。費用や通院を考えると、少しでも手頃で通いやすい医院にしたいと考えがちですが、インプラントこそ、経験や実績がある名医にかかることが大切です。インプラントの手術は口内だけのことと言えますが、全身の状態が良くない場合には断わられたり、延期となったりということも少なくありません。治療中は感染症のリスクも伴うので、口の中の状態だけでなく、体の調子や状態を見極めた上で治療を進めて行くことが必要になります。また、歯茎の状態やあごの骨の量などによって、手術の難易度が上がったり、適切な処置が必要になったりといったこともあるので、医師の腕が問われることも少なくありません。治療がどれだけスムーズに行われるのか、負担をどれだけ少なく出来るのかは、医師の腕次第と言えるので、名医にかかることが大切です。尚、インプラントでは、結果に満足出来なかったとしても、他の医師にもう一度治療を頼むといったことは難しくなります。治療期間が長く、費用も高額になるので、後悔しないよう医師や医院選びの段階で、よく検討することが欠かせません。

メリットとデメリットの両方を知ろう

インプラントでは、ブリッジや入れ歯といった他の治療のように歯を削ったり、残っている歯に装置を付けたりといった必要がありません。そのため、失ってしまった歯の本数や場所かかわらず、治療を行うことが出来ます。また、健康な歯への影響や負担が少なく、残っている歯を活かすことが出来るところもインプラント治療ならではの特徴です。見た目が自然で、入れ歯を入れた時のように異物感や味覚障害が起こりにくいこともメリットと言えるでしょう。しかし、インプラントにはデメリットもあります。まず、誰でも治療を受けられるわけではありません。インプラントではあごの骨に人口歯根と呼ばれる金属を埋め込む外科手術が必要になるので、全身疾患がある場合やあごの骨が十分にない場合には、治療が難しくなります。また、保険が適用されないので、費用は全額自己負担です。費用が高額になること、そして治療期間が長く、定期的なメンテナンスが必要になることも頭に入れておかなくてはいけません。尚、インプラント治療を行っている医院はあっても、通院可能な範囲に名医がいないといった場合もあります。期間や予算といった問題もあり、誰にでも平等に治療が受けられる環境が整っていると言えないところは、デメリットと言えるでしょう。

広告募集中